MABOROSHI INTERFACE; fictional soundtrack

MABOROSHI INTERFACE; fictional soundtrack
お一人様
2
個まで

  • 物販商品(倉庫から発送)
    CD+Download Edition
    ネコポス可能
    ¥ 2,000
  • ダウンロード商品
    Download Edition
    ¥ 1,500

 2018年冬の新譜は、架空のファンタジー作品をイメージしたボーカル&サウンドトラック・アルバムです!  原作は、今野隼史さんによる「マボロシインタフェイス」という(架空の)ライトノベル。  幻術使いの少女、トウルを主人公とした物語を24ページのフルカラーブックレットで表現。全17曲に及ぶ楽曲群と共に、ぎっしりと詰め込まれたイラスト&シーンテキストをお楽しみください。  さらに、今回はサークル「Foxtail-Grass Studio」のハムさんにインスト曲を5曲(!)提供していただき、いつものHUMMING LIFEとは少し違った味わいの楽曲も詰まっています。  物語に音楽に、様々な面でのコラボレーション的な要素にもご期待いただけたらと!  もちろん、いつものHUMMING LIFEの音楽も健在。  茶太さんを迎えておくる主題歌や挿入歌、エンディングテーマをイメージしたボーカル曲や、Daniさんや保科由貴さんによる迫力ある演奏が光るインスト曲の数々など、聴きどころ満載の一枚に仕上がっていると思います。  ボーカルものはよく聴くけど、サウンドトラックやインストは普段あまり…という方でも十分楽しめるアルバムになっているはず。シネマティック・コンサートに来たような気分で楽しんでいただけたら嬉しいです。

商品の発送について
倉庫から発送

BOOTHの倉庫から配送される商品です。入金が確認され次第、発送されます。

自宅から発送

出品者自身が梱包・配送します。「発送までの日数」は、BOOTHでの入金確認が完了してから商品が発送されるまでの予定日数です。
あんしんBOOTHパック で発送予定の商品は、匿名で配送されます。

ダウンロード商品

入金が確認された後に「購入履歴」からいつでもダウンロードできるようになります。

pixivFACTORYから発送

pixivFACTORY が製造・配送する商品です。入金が確認され次第、製造されます。

MABOROSHI INTERFACE; fictional soundtrack
HUMMING LIFE / Foxtail-Grass Studio
ロード中...
再生できません
1 - HUMMING LIFE
2Illusion - Foxtail-Grass Studio
3街を歩けば - Foxtail-Grass Studio
4Smoky, Smoothy...Spicy? - HUMMING LIFE
5ブルーコーヒー - HUMMING LIFE
6骨の森 - Foxtail-Grass Studio
7秘密がばれちゃう? - Foxtail-Grass Studio
8微睡みの淵で - HUMMING LIFE
9星を数えた夜のこと - HUMMING LIFE
10剣士たるもの - HUMMING LIFE
11独白 - HUMMING LIFE
12 - HUMMING LIFE
13想いと絆の行方 - HUMMING LIFE
14Phantom - HUMMING LIFE
15本当の自分 - Foxtail-Grass Studio
16アイイロ - HUMMING LIFE
17Epilogue - HUMMING LIFE
 2018年冬の新譜は、架空のファンタジー作品をイメージしたボーカル&サウンドトラック・アルバムです!  原作は、今野隼史さんによる「マボロシインタフェイス」という(架空の)ライトノベル。  幻術使いの少女、トウルを主人公とした物語を24ページのフルカラーブックレットで表現。全17曲に及ぶ楽曲群と共に、ぎっしりと詰め込まれたイラスト&シーンテキストをお楽しみください。  さらに、今回はサークル「Foxtail-Grass Studio」のハムさんにインスト曲を5曲(!)提供していただき、いつものHUMMING LIFEとは少し違った味わいの楽曲も詰まっています。  物語に音楽に、様々な面でのコラボレーション的な要素にもご期待いただけたらと!  もちろん、いつものHUMMING LIFEの音楽も健在。  茶太さんを迎えておくる主題歌や挿入歌、エンディングテーマをイメージしたボーカル曲や、Daniさんや保科由貴さんによる迫力ある演奏が光るインスト曲の数々など、聴きどころ満載の一枚に仕上がっていると思います。  ボーカルものはよく聴くけど、サウンドトラックやインストは普段あまり…という方でも十分楽しめるアルバムになっているはず。シネマティック・コンサートに来たような気分で楽しんでいただけたら嬉しいです。